2019年05月26日

植物観察会

天気予報では、今日は「夏日」とのこと。
確かに夏めいた空の色です。

日差し.jpg



時間通り集まった参加者たちも  みなさん今日の日差しの強さに
「暑いですね」と汗をぬぐっていました。


受付.jpg

配布資料.jpg



今日の参加者は18名。スタッフと講師を合わせて総勢27名になりました。
紹介や挨拶を済ませ、時間通りにスタートしました。

挨拶.jpg



芦名堰を通り過ぎて登山道に入り、まず「これは・・・」と注目をしたのは
白い花をつけたマルバウツギ。

大森さん.jpg

『・・・ウツギ』という名のウツギの名を持つ木々はいろいろありますが
このマルバウツギのお仲間は『ヒメウツギ・マルバウツギ・ウツギ』の3種類で、
これらはユキノシタ科のウツギ属にくくられる同一の仲間なのだそうです。

himeutugi.jpg
ヒメウツギ(葉が無毛 この辺りでは森戸川の奥で見られるとのこと)


マルバ.jpg 
マルバウツギ(今 大楠山登山道で観察できる)


utugi.jpg
ウツギ (ネットから借用)(葉が有毛。『卯の花』と言われている。花の時期がやや遅く6月 梅雨時。)


他に大楠山登山道で良く見かけるもので「・・ウツギ」と言っているものに
コゴメウツギがありますが、これは『バラ科』に属し、
ハコネウツギは『スイカズラ科』・・といった具合で
「ウツギ」の名は数々あれど、同じ仲間は上記の3種だそうです。


こごめ.jpg
コゴメウツギ

はこねうつぎ.jpg
ハコネウツギ





ついでに足元の「ユキノシタ科のユキノシタはこれですよ」と大森氏。
足元を見るとユキノシタが小さな花を咲かせていました。


大森氏.jpg


雪の下花.jpg
ユキノシタの花


道の脇の茂みにはいろいろな草花が花を咲かせては 種になる作業を続けています。


春に咲いた花がすっかり種になって風に運ばれる準備中のオニタビラコや
ほとんどの穂綿の種が風に運ばれたようすのツルカノコソウ

オニタビラコ.jpg
オニタビラコ


ツルカノコ.jpg
ツルカノコソウ



数日前に大楠山トレッキングで歩いた時にはスダジイは花を咲かせていましたが
今日見ると花はすっかりなくなっていました。

花の後を見てみると 小さなプチッとしたのが残っていました。

スダジイ.jpg


これが実になっていく始まりだと言われて
「ようし! 毎月大楠山を歩く時にここをチェックして
スダジイの実の成長を確認しよう・・」と思いつきました。

(多分・・すっかり忘れて ここを通り過ぎちゃいそうな予感ですがね)



ヤブニッケイはこれから花が咲く準備。
小さい蕾がいっぱい付いていました。


ヤブニッケイ.jpg





いつもあまり気が付かずにいたこの雑草・・・
アキカラマツという洒落た名前を聞いて
これから気にかけてやることにしました。

洒落た名前の由来は 花がカラマツのようだから・・ということでした。
花の時期は晩夏から秋にかけてとのこと。


アキカラマツ.jpg
アキカラマツ


アキカラマツ花.jpg
アキカラマツの花(ネットから借用)

よし よし・・
お前さんもこれから目をかけて 成長を気にしてやるから
秋には ちゃんとカラマツのような花を見せてちょうだいね。



毎月のトレッキングに参加することで
この辺りにあの木が・・・あの辺にはあの花が・・と
覚えの悪いカワセミ記者も  最近 少しずつ花や木の所在を覚え始めたところです。


山側の傾斜面に 野ばらがあったな〜〜とは知っていましたが
それがテリハノイバラという名前だとは知りませんでした。


テリハノイバラ.jpg
テリハノイバラ

というか・・・ 栽培種以外の自生しているバラは
どれも「野ばら」で一種類なのかと思っていました。

ところがどうやら「野ばら」はシューベルトで 
植物の方は「ノイバラ」と言うべきなんだ・・・と知った次第。

その上 ノイバラにも種類があって
大楠山の登山道で見ていたテリハノイバラは 文字通り葉に光沢があって小さめで
花はポツポツと離れて咲くとのこと。

ノイバラは 葉に光沢は無く 花はややまとまって咲くそうです。

今日教えられて知りました。




夏のような今日の日差しに トンボ君も飛び出しました。

イトトンボ.jpg

種類や名前はわかりませんが 細身で小さいので「イトトンボ」と称しておきましょう。




茂みにサイハイランがひっそりと花を咲かせていました。

 saihairan.jpg




樹木にからまって伸びた蔓に 白い花が咲いています。

「テイカカズラですね。 藤原定家のテイカです」
「種が面白いです・・」と大森氏。

テイカカズラ.jpg


そうか・・!

秋になるとぶらぶら長いサヤ状のかたちの実になって 
中から穂綿みたいな種が飛び出す・・アレか・・。

50634.jpg
テイカカズラの種(ネットから借用)

 

シロダモの木に実が付いています。

シロダモは秋に花が咲いて
一年がかりでやっと実になるのんびり屋の樹です。

シロダモ.jpg


今 樹についている実は去年の秋に花が咲いたもので
今年の秋に赤くなり そしていっしょに花も咲く・・・。

「花と実が一緒に見られる樹なんですよ」と言うことでした。



今日は『暑さに要注意』の警告が出された夏のような陽気ですが
大楠山の登山道は樹木が豊かで木陰が多いので
気持ちよく観察会を進められます。

登山道.jpg




やがて 例のオオバウマノスズクサの花がさいているところへやってきました。

不思議な姿をした花なので 皆さんカメラを向けて記録に励みます。


うまのすずくさ.jpg


花も不思議なかたちをしていますが これから実になっていくようすも面白いので  
秋が楽しみです。




山頂近くなってきました。

道の左手の藪の マムシグサの花がまだ咲き残っていて 
みんなで観察しました。

まむし.jpg


失礼ながら しぼみ始めた花の根元をめくってみると
中にはもう種が見えていました。

ウラシマソウと同じで これが赤いトウモロコシになるんですね。

実.jpg


9cb95017.jpg
花が枯れて実が成熟したようす(ネットから借用)




予定時間より少し早く山頂広場に着きました。


山頂の菜の花畑の向こうでお弁当です。

山頂.jpg



途中にあるエゴノキの花は満開でした。

エゴノキ.jpg




山頂奥の木陰の場所で 挨拶をして解散となりました。


大森先生 今日いち日 たくさんの解説をしてくださり 
ありがとうございました。

植物のいろいろなことをお話しいただいて 
カワセミ記者は にわかに植物専門家になった気分!

解散.jpg

次回の 大楠山トレッキングが ますます楽しみになりました。




昼食後は 前田川方面に下るグループや 
「平作方面に下ります」と言って途中から別れる方があったり・・。

それぞれのルートで下山しました。


今日お集まりくださった皆さん ご参加ありがとうございました。

またお会い出来るのを楽しみにしています。



かわせみ.jpg
posted by kogera at 20:02| Comment(0) | 観察会や活動の報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: