2020年12月21日

12月の大楠山トレッキング

今月の大楠山トレキングは16日に行われました。
さすがに12月の山は落葉も進み「冬の山」の顔をしていました。


芦名堰では沢山のカメラマンが集まって堰の水面にレンズを向けていましたが
「今日はあまり賑わっていないんだよ」と言っていました。

1芦名堰.JPG



堰の土手の水仙が咲き始めていました。

2水仙.JPG



クサギの花は冬支度。
赤い花や青い実が縮んでいました。

3クサギ.jpg


登山道の両側は先月に比べて寒々とした感じです。

アオキの赤い実だけが冴え冴えとして光っていました。

4アオキ.JPG



木の枝に引っかかったように下がっているのは・・・

テイカカズラの種が散った後の鞘のようです。

5teikakazura .JPG


よく見ると鞘の中に種が残っていて綿毛が見えました。



足元の草の中に赤い実が見えました。

ビナンカズラの実かな?


6ビナンカズラ.jpg



花や実の姿もあまり見つけられず ひたすら歩くばかり・・・。

・・と思いきや誰かが小さな小さなスミレを見つけました。

ずいぶん頑張って咲いたらしく・・いつになく花の色が濃いような気がします。

7スミレ.jpg

この濃さはきっと気合が入っているからなんだよ・・。



ウバユリの花柄がポツンと伸びていました。

中の種はもう出てしまった後でしょう。

8ウバユリ.jpg



道の両側にトキワツユクサが広がっているところに差し掛かりました。

この繁殖力旺盛な外来種の広がりを抑えようと、市の共生課が実験している策があります。

シートで日光を遮断してみるとどうか・・・その経過を調査中です。

一箇所にはシートを1枚、別の箇所には数枚重ねて覆い、
その様子を観察しています。

みんなでその様子を覗いてみることにしました。

9シートDSCN9640.JPG


一枚だけの方をめくってみると下には ちょっとひ弱そうなトキワツユクサが繁茂していました。

もう一箇所の数枚重ねたシートの方をめくってみると、その下のトキワツユクサはまるでモヤシのようでした。

10シート.JPG

トキワツユクサという植物は、少々日が当たらないくらいの環境でも
しっかり繁茂するタフな奴なんですね!

この外来種を根絶させるのはどうしたらいいのでしょう・・・?


数年前の一時期は、どこもかしこも空き地にはセイタカアワダチソウが繁茂していましたが
最近はあの勢いは下火になってきたような気がします。

トキワツユクサもピークを越えれば下火になっていくのでしょうか?





下ばかり見ていましたが見上げると、澄んだ青い空に落ち葉になる前の紅葉が
美しく映えていました。

11.jpg


12.jpg



空気が乾燥しているので、中腹から眺めると
丹沢の方まで眺めることができました。

13.眺望JPG.JPG



東側を眺めると、三浦半島の先端部分の向こうに伊豆大島を大きく眺めることができました。


14.jpg



中腹の日当たりの良い花畑では、気の早い菜の花やカワズザクラが咲いていました。

15nanohana 5.jpg


16.jpg




途中、葉の落ちた木の高いところで野鳥が数羽群れになって囀って飛び回っていました。

体が小さくて忙しそうに飛び回り、腹の辺りに薄っすら色が見えたので
たぶんエナガでしょう。


17エナガ(2).jpg
(会員の撮影した写真)



山頂までの道には色々な種類のシダをみることができます。

それぞれの詳しい名前はカワセミ記者にはわかりませんが
田中澄江著の「花の百名山」に出ている『大楠山のフユノハナワラビ』が、
オオハナワラビとどう違うか・・ぐらいは、カワセミ記者も見分けられるようになりました。

huyunohanawarab.jpg
フユノハナワラビ


山頂で昼食をとり、周辺を歩きました。

雑木林の間から、遠くに富士山が眺められました。

18富士山.jpg


先月、紅葉が素晴らしかったモミジは、だいぶ葉を落として
木の足元が赤くなっていました。

20モミジ.jpg


帰りは、来た道を戻りもう一度芦名堰を覗いてみました。

朝には見かけなかったコガモが数羽、水面に伸びた枝の陰に身を潜めていました。

21kogamo .jpg


冬の準備を始めたな・・という印象の今月の大楠山トレキングでした。



かわせみ.jpg







posted by kogera at 15:14| Comment(0) | 大楠山トレッキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月21日

秋の大楠山

今年の秋の大楠山は 紅葉がとても綺麗です。


#4秋のトレッキング.JPG


#3.JPG



芦名堰の背の山も 色とりどりに染まっていました。

#1.JPG


気持ちの良い11月の大楠山トレッキングです。


芦名堰の水面で泳いでいたのは、コガモたちでした。

コガモ.JPG

葦の間に見え隠れした姿での確認ですが、頭が緑色で小ぶりなのですぐわかりました。


登山道の入口の茂みには 鮮やかな紫色のムラサキシキブと
グリッとした鞘を下げたノササゲの実が目に入りました。

ムラサキシキブ.JPG
ムラサキシキブ


ノササゲ.JPG
ノササゲの実


初夏から夏にかけてちいさな色とりどりの花みせてくれていた
道の両側の植物たちは、今はどれも実になって
夏とは違った姿を見せてくれています。 


途中、スダジイも実を下げているのを発見しました。

スダジイ.JPG

道からすぐの場所に大きく育って低く枝を広げているこのスダジイは、
樹木観察の際には理想的な好条件が揃っているため、私たちにとってはとても大切で、
ナラガレ被害が進んでいる中でも 特に元気に生き延びて欲しいと願っている樹です。


上を見上げると青い秋の空に山ハゼの木の紅葉が綺麗でした。

ヤマハゼ.JPG



暗い藪の茂みに小さい白い花が目立ちました。

ノコンギクでしょうか・・・?
シロヨメナでしょうか・・・?

だいぶ前にエナガさんから、その違いの見分け方を教えてもらっていましたが
まだ身についていなくて見分けられない覚えの悪いカワセミ記者。
もう一度復習!

葉っぱが菊のような形で表面がザラザラしているのがノコンギク。

ノコンギク.JPG
ノコンギクの葉

葉っぱの形が楕円形で表面がそんなにザラザラではないシロヨメナ。

シロヨメナ.JPG
シロヨメナ

そうだった、そうだった!  ガッテン ガッテン!

ムラサキシキブやノササゲに始まって
秋は実の季節!

ヤブミョウガの青い実。
ヤブミョウガ.JPG


スズメウリの白っぽくなった実
スズメウリ.JPG

ヒヨドリジョウゴの赤い実
ヒヨドリジョウゴ.JPG

ヤブランの実
ヤブラン.JPG


ちょっと萎れちゃったけれどシオデの実
シオデ.JPG

枝にびっしり、マユミの実。
マユミ.JPG

これは立派なカラスウリの実
カラスウリ.JPG

蕾も実も似たようでよく分からんけど、秋だからきっと実でしょう・・。
タデ.JPG
イヌタデ

アオキの実も色づいていました。
アオキ赤い.JPG


そして、ウラシマソウの実。
ウラシマソウ.jpeg

ヤブコウジの実。
ヤブコウジ.JPG


今日はちょっと歩いただけで、たくさんの実と出会いました。


今回見つけた実の中で 特に一番面白かったのは
ツリフネソウの実。

ちょっと触ると「ピチッ!!」と弾けて
中から種が飛び出て、サヤがくるくるっとなっちゃう不思議で面白い実です。

ツリフネソウ.jpeg

ツリフネソウ2.jpeg



秋の花も見つけました。
草の陰に一輪咲いていたコウヤボウキの地味な花。

kohyabohki.JPG


色が綺麗なアキノタムラソウ。

アキノタムラソウ.JPG


今がまさに花盛り(?)胞子盛りというべきか(?)
オオハナワラビの群生です。

オオハナワラビ.JPG


いつものように山頂まで歩き
帰りは紅葉を求めて前田川方面へ下りました。


前田川に降りた所のモミジの樹が、きっと赤くなっているはず・・・
・・と期待して歩きました。

ところが、残念ながらモミジの樹は、紅葉どころか緑色!

青い紅葉.JPG


でも場所によっては色づいているモミジやハゼもあったし・・・

「大楠山の滝」も勢いよく流れていたし・・・。

1.JPG

ハゼの紅葉.JPG

2.JPG

滝.JPG
大楠山の滝


帰り道では 大楠山全体の紅葉を眺められたし、
遠回りした甲斐がありました。

3.JPG


4.JPG


今回のトレッキングは、思いの外色づいた木々が多く、
大楠山の秋を堪能したトレッキングでした。



かわせみ.jpg



posted by kogera at 21:35| Comment(0) | 大楠山トレッキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月23日

9月の大楠山

カワセミ記者は久しぶりに 9月の大楠山トレッキング参加しました。
盛夏が過ぎ、山はずいぶん秋めいた装いになっていました。

登山道に入る手前の古い切り株に 綺麗に重なって育っているキノコを見つけました。
7月の長雨をたっぷり浴びて成長したのでしょう。

kinoko.jpg


ヤブミョウガの白い花は終わりかけ 青い実に変わり始めていました。

yabimiyoga.jpg



芦名堰に立ち寄ると 何か青いものがさっと水面を横切りました。
カワセミが横切ったようです。

堰の向こうの奥の枝の陰に アオサギがいるようです。

aosagi.jpg

そんなところに隠れたつもりかい? 水面に姿がまるまる映っているよ!




堰のフェンスの内側では全滅したかと案じていたタマアジサイが
元気に復活していて まん丸いつぼみと小さな花をつけていました。

tamaajisai1.jpg

tamaajisai2.jpg


登山道に入ったところの葉の上に 枯葉がのっているのかと思ったら実は
ガでした。

スズメガの種類? 
カレハガの種類?

karehaga.jpg

suzumega?.jpg




草むらの中のヌスビトハギの実が赤くなり始めていました。

nusubitohagi.jpg



クサギは ほんのりピンク色の花を咲かせていました。

kusagi.jpg


いや・・よく調べてみたら このほんのりとしたピンク色は じつはガクで
その中に白い花が伸びて咲いていました。

冬になると濃いマゼンダピンクになって見えるのはこの ピンクだったガクの部分で
その中心にある鮮やかな青紫の実が花だったところなんですね。

くさぎ花.jpg
冬に撮ったクサギ



登山道両側の草や木を覆うように茂っているクズ。

kuzu  hana.jpg

大きな葉の陰に赤い花があちこちに見えました。
今が盛りと咲いていました。



足元で茂っている この葉は・・・?

akikaramatu ha .jpg
アキカラマツ

ちょうど花の時期で白い花が咲いていました。

akikaramatu.jpg




久しぶりのトレッキングで キョロキョロしながら進んで行くと
草むらに小さな実を発見!

いくつか一緒になってぶら下がっています。

イヌホウズキ1.JPG

イヌホウズキですね。

似たようなのにハダカホウズキとかワルナスビとか
見分けにくい似たようなのが色々ありましたっけ。





芦名堰のタマアジサイは小さかったけれど
登山道の中腹のはすっかり満開で 薄紫色の花を綺麗に咲かせていました。


tamaajisai3.jpg





中腹から見る大楠山の景色は カシノナガキクイムシによる「ナラ枯れ」が広がっていて
最近はすっかり山の姿が変わってきています。

naragare.jpg


向かいに広がる山の樹木の立ち枯れが進み
とても「緑豊かな山」とは言い難い光景になっています。
このナラガレはどこまで進むのでしょう?

枯れた林.JPG

鬱蒼としていたマテバシイの林も木々が枯れて すっかり明るくなっています。



数年前から日本全国あちこちでこの ナラガレ被害は蔓延していて
これといった対策が見つからないままみたいです。

naragare2.jpg


登山道の樹木にも枯れ木が目立ち始めていて
倒木も増えています。


庭や公園や樹木園のような管理のしやすい被害場所ですと
薬剤散布や伐採をして蔓延を防ぐことなど行なっているようです。

対策.jpg


横須賀市でも対策を施していますが
大楠山のように 一本ずつ対処するのが難しい環境では
薬剤散布も伐採もしにくいので 枯れることも立ち直ることも
あるがままの自然が持つ力に任せるしかないのかもしれません。




さて 手前の道端を見ると イタドリが綺麗な白い花を咲かせていました。

itadori.jpg


この植物は別名スカンポと言われていて 昔から日本では馴染みのある植物ですが 
海外では大変迷惑な外来種とされているそうです。


日本では繁殖力旺盛なトキワツユクサなどが要注意外来生物として扱われていますが 
イギリスなどではこのイタドリが異常繁殖していて
勢力旺盛な外来種として迷惑植物になっていると聞きました。




カラムシの葉に止まっているのは・・・?
虫に詳しいNさんが
「ダイミョウセセリだよ」と即答!

daimyoseseri.jpg


ダイミョウセセリを見た後で 次に見つけたのは
道の落ち葉の中にいたタマムシの死骸・・・
死骸とはいえとても綺麗です。

tamamushi.jpg



今までお目にかかったことはなかったけれど
大楠山にはこんなに綺麗なタマムシが暮らしていたんですね!


暑い夏に白い花だったカラスウリは 小さなスイカみたいな実になっていました。


karasuuri.jpg



キンミズヒキは花が終わりかけて 面白い姿の実になり始めていました

kinmizuhiki.jpg




この涼しげな青い花はツユクサの花ですが
葉っぱが少し丸みがあって縮れているマルバツユクサという種類です。

marubatuyu.jpg

外来種かなぁ?
とにかくすごい繁殖力のようで 農家泣かせの植物だと聞きました。




この蝶は・・・?「ヒカゲチョウ!」 Nさんの回答は早くて的確です。


hikagecho.jpg





山頂近くのシダの茂みで コモチシダがコドモをくっつけているのに見つけました。

komochishida.jpg

もともとシダだから胞子で繁殖する植物ですが
この小さいな無性芽が大きくなってて 飛んでいったものからも増殖するそうです。

あの手この手・・だなぁ。




土手のあちこちでは オオハナワラビが凛々しい姿で延びていました。

oohanawarabi.jpg




頂上の藪にはガガイモやツリガネニンジンが花を咲かせて
虫たちを招いていました。


gagaimo.jpg
ガガイモの花



turigane.jpg
ツリガネニンジン



帰りの下山は 衣笠方面へ行く道の途中から古道を通って長坂へ抜ける数名と
来た道を引き返す数名とに分散して帰りました。



最後に覗いた芦名堰には
じーっと枝に止まって餌を狙うカワセミと
潜ったり羽ばたいたりして羽の掃除に忙しいカルガモの姿がありました。 

カワセミ.jpg


karugamo.jpg



市内ではまだまだコロナ感染が広がっているため お互いの距離を気にしての山歩きでしたが 
初秋の大楠山を楽しむことができました。


かわせみ.jpg
posted by kogera at 11:10| Comment(0) | 大楠山トレッキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする