2020年01月20日

1月の大楠山トレッキング

早朝まで降っていた雨のせいか朝の気温は随分低くて、
寒がりカワセミ記者はぶるぶる。
バッチリ装備して出かけました。


まず立ち寄った芦名堰は、カメラを抱えたおじさんたちも
野鳥たちも全く姿が無くて寂しい感じでした。


あしな堰.JPG


雨で濡れた葉の間に、真っ赤なアオキの実がテカテカ光っていました。


アオキ.JPG


草木はみんな冬枯れて、紅葉も終わり、立ち止まって観察する花も実も少なくて、
一行はいつものように立ち止まることもあまり無く、登山道を進みました。


ちょっと目を引いたのは、まだ赤々と色を残したヤマハゼ(?)ハゼノキ(?)の葉。


ハゼ.JPG


あれ? ヤマハゼとハゼノキって 違う種類? 
どう違うの?
山で育っていれば「ヤマハゼ」で、生えている場所が山以外だと「ハゼノキ」・・・か?
まさかね。

調べてみましたら、もちろん同じウルシ科の仲間ですが、
少しばかり葉の形が違うらしい・・・と言うことでした。
ハゼノキの葉は幅が狭くて葉先が尖った感じ。

hazenoki-ha-omote-kakudai.jpg
(ネットから借用)


ヤマハゼの葉はちょっと丸くて幅があって先が細くない。

yamahaze-ha.jpg
(ネットから借用)

・・・ということがわかりました。


結果! カワセミ記者の目を引いた赤い葉は細めで葉の先が尖った感じなので
「ハゼノキ」ということですな。



いつも花や木の実に目を奪われて、つい見過ごしていましたが、
登山道の目に付く場所に大きな木の根が剥き出ていて
なんとも不思議な姿です。


root.jpg

なにが・・どうなって・・どこがどうくっついて・・・
こんなふうになっちゃったんでしょうね?




雨が上がった直後だからでしょうか?
登山道周辺は野鳥の声が賑やかで、様々な鳥に出会うことができました。

メジロ・コゲラ・エナガ・アオゲラ・アオジ・シロハラ・アカハラ・・・・などなど。

下手くそカメラマンのカワセミ記者は、野鳥たちのすばしこい動きに追いつかず
めちゃくちゃ写した中に 辛うじてメジロの写真が一枚!


メジロ.JPG



いつもの展望の場所から見ると、周辺は前日の雨のせいか
すっかり霞んでいました。

展望.JPG



マテバシイの林の樹木はすっかり枯れて明るく日が差していました。

マテバシイ林.JPG



すっかり冬枯れ・・と思いきや、足元のスミレはひっそり花を咲かせているし
ヒメオドリコソウもヒメウズも小さな小さな花を咲かせていました。


sumire.jpg
スミレ

himeodo.jpg
ヒメオドリコソウ

himeuzu.jpg
ヒメウズ



シュンランも葉の根元に小さな蕾をつけていて 
一足早く訪れる大楠山の春の気配を先取りしているようでした。

山頂近くのオオシマザクラの枝には、気の早い桜の花がもう花を開いていました。

oshimazakura.jpg



その下で日を浴びているのはオオイヌノフグリ。

ooinunohug.jpg

この花を見ると 春間近って感じですね。



ツルボは「まだまだ冬よ」と言っているようです。

tsurubo.jpg



大楠山の山頂はもうナノハナが伸びていて、畑は青々としていました。
ナノハナ.jpg

ナノハナのむせるようなあの匂いと、ブンブン蜂たちが飛び交う季節も
ももうすぐです。




雨の後なので前田川方面への道は避けて、来た道を下ることにしました。

山を下って最後に芦名堰に立ち寄ったら、コガモが数羽泳いでいました。

よく見ると 奥の方にカワセミもいました。


あ〜〜 腕が悪い上にカメラもよろしくないため
せっかくのチャンスなのに撮れた写真はこんな・・・。


カワセミ.JPG


恥ずかし気もなく、よくこんな写真をアップするね、 と言われそう・・・。




はいっ  精進して 出直しますっ!



かわせみ.jpg







posted by kogera at 16:48| Comment(0) | 大楠山トレッキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月23日

 11月の大楠山トレッキング

今朝は雲が広がっていて富士山も見えません。
肌寒い朝です。


DSCN8858.JPG

いつまでも夏が抜けきらないような陽気が続いていたので
大楠山の秋のようすは いかがなものでしょう?

秋らしい紅葉を期待して出かけました。



今日の大楠山トレッキングは参加者が13名です。

立ち寄った芦名堰は、人の影もなく寒々した感じでした。


芦名堰1.JPG


堰を囲う山を見上げると 色づいた葉の樹木が見えました。


堰の紅葉.JPG

ヤマハゼですね。
小さい房のようなハゼの実をいっぱいつけています。


登山道に入り しばらく進むと 真っ赤な葉が目を引きました。

コマユミ.JPG
(コマユミ)

枝全体の葉が紅葉していて とても綺麗です。

紅葉の美しさで知られるニシキギの仲間とのことですから
見事な紅葉を見せてくれるわけだ。



枝のところどころが赤くなっている木もありました。

これは5月頃に白い花をいっぱいつけていたマルバウツギ?

マルバウツギ.JPG
(マルバウツギ)
5月マルバ.jpg
(5月のトレッキングで撮影)

5月のトレッキングで撮った写真で確認してみました。
確かに同じ葉です!



谷側の茂みに伸びる山ハゼの葉が赤くなっていました。

やまはぜ.JPG
(ヤマハゼ)

去年に比べると葉の数が少なくて紅葉もあまり見栄えがしません。

恐らく 立て続けに到来した強風台風で
紅葉前にほとんどの葉が落ちてしまったのでしょう。



登山道の両側の 様々な樹木が秋らしい色になっていました。

黄葉.JPG



台風直撃の被害を受けて 大楠山の木々は枯れたり倒れたり・・。
大変な被害だったことを物語っています。


「あそこの枝が・・・」
「あ・・危ない!」


あそこが・・).JPG


手の届く高さの枝は 払ったりどかしたりしましたが
私たちのできることはほんのちょっと・・・。


倒木2.JPG

とうぼく1.jpg



ここにも真っ赤な葉を見つけました。

何の木が紅葉しているのかと思ったら
枝に絡まったツタでした。

ナツヅタ(ブドウ科).JPG
(ナツヅタ)

「キヅタ」っていうのかと思ったらエナガさん曰く
「これは『ナツヅタ』。キヅタは総称じゃないかな・・」だって。

それでは『フユヅタ』なんてのがあるんかい・・と思って調べましたら

ありました!

「フユヅタ」はウコギ科で常緑。紅葉しないとのこと。
そういえば木に絡まったツタで 冬でも緑色のがあるな。

ちなみに「ナツヅタ」はブドウ科だそうです。
だから紅葉するんだ。

ブドウ科.JPG

形がブドウの葉に似ています。



歩きながら上を見上げると ハゼノキの赤い色と まだ色づかない緑の葉が 
ブルーの空を背景に美しいコントラストを描いていました。

やまはぜ2.JPG




足許の茂みに 誰かが「コウヤボウキ」を見つけました。

コウヤボウキ1.JPG
(コウヤボウキ)

名前の由来は 高野山で この茎を束ねて箒にしていたからだそうです。

大昔からこの枝は箒の材料に使われていたらしく
正倉院のお宝の箒(?)の『子日目利箒(ねのひのめとぎのほうき)』も
これが材料ですって!

kodaihouki.jpeg
(ネットから借用)


正倉院の宝物に『箒』があるとは知りませんでした。



途中のマテバシイの林のところに来ました。

林の樹木はすっかり枯れて 現在は大変日当たりがよく明るくなっています。

枯れた林.JPG



枯れた落ち葉の間に「アキザキヤツシロラン」の花がらが確認できました。

2.JPG

うっかり踏んでしまいそうな小さな花の名残です。

アキザキヤツシロラン.JPG



登山道から見る秋谷方面の景色は 秋の色になってました。

展望.JPG


冬支度で枯れている樹木のなかに すっかり枯れ果てた
「ナラ枯れ」被害の樹木も多く確認できました。

展望2.JPG




冬でも暖かい大楠山は樹木が冬支度をしていても
いつまでも青々としている草が茂っています。

カラムシも花は終わりましたが まだみずみずしくて
元気そうです。

カラムシ.JPG
(カラムシ)


ハダカホウズキは 丸いクリクリした実をぶら下げていました。

ハダカホウズキ.JPG
(ハダカホウズキ)

実が赤くなるのはまだまだ先のようです。




道に真っ赤な葉が落ちていました。

エナガさんが「テイカカズラの葉ね」と教えてくれました。

テイカカズラ.JPG

「どこかに実がありそうだけど・・・」と言っています。

そして誰かが発見!

テイカズラの実は 面白い形をしていて とても綺麗です。

teika2.JPG

ふわふわした羽根で 種は風に飛んで運ばれていく仕組みです。

netから1.jpg
(枯れる前のようす:ネットから借用)


植物たちは種を運ぶ方法をあの手この手で頑張っているわけで・・・

kosendan.JPG

このコセンダングサは誰かにくっついて運んでもらおうというもの。



小さなピンクの花を見つけました。

kitunenomago.JPG
(キツネノマゴ)


真っ赤なカラスウリも見つけました。

karasuuri.JPG




オオハナワラビも ただいま盛んに胞子を撒き散らしているところです。

誰かがちょっと揺すったら 白い胞子がフワァ〜〜っと広がりました。

hanawarabi 1.JPG

hanawarabi 2.JPG
(オオハナワラビ)

ヤマノイモの黄色の葉っぱも鮮やかだし
キンミズヒキの紅色もひときわ目を引く色です。

yamanoimo .JPG
(ヤマノイモ)

金水引.JPG
(キンミズヒキ)



山頂の雨量計の門の近くに 嬉しいかな私の好きな 
赤いトウモロコシみたいなウラシマソウの実が 
ニョキニョキと残っていました。

ウラシマソウ.JPG

山頂の雨量計のところで昼食お弁当を広げました。


前田川への道は 昨晩降った雨の影響で滑りやすいかもしれないということで
来た道を戻り 芦名方面に下りました。

帰りの登山道で 青いツユクサがまだ咲き残っているのを見つけました。

ツユクサ.JPG

行きの道では 赤い葉や赤い実ばかりを気にしていて
この青いツユクサには気づきませんでした。



芦名堰では 朝には見かけなかったコガモが群で泳いでいました。


コガモ.JPG
(奥にいるのが♂ 手前が♀)


カモの姿を見ると やっぱりもう晩秋なんだな・・・と思わされます。

さて来月は何を見ることができるでしょう。

いろいろな紅葉を見つけた11月のトレッキングでした。


かわせみ.jpg




posted by kogera at 20:19| Comment(0) | 大楠山トレッキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月23日

6月の大楠山トレッキング

梅雨に入ったようですが、幸いここ数日は好天気が続いています。
晴れると熱中症が心配になるので、今日はたっぷりの水分を用意して出かけました。

今日集まったのは12名。

登山道に入る手前で虫博士のNさんが、前回のとは違う別の昆虫標本を見せてくれました。
今日のは、成虫と幼虫が一目でわかるように並べられた色々なカメムシの標本です。


1虫標本.jpg




芦名堰までいく途中の山側の茂みに、赤い実を見つけました。
コウゾですね。

2コウゾ.jpg


キイチゴに似た姿で、キイチゴより赤くて、キイチゴより味は落ちるけれど
食べられます。

『コウゾ・ミツマタ・ガンピ』でしたっけ? 
この3種類が和紙の材料だということを 学校で習ったことがありました。



コウゾの横に伸びている花は・・?

3紫式部花.JPG
ムラサキシキブ


カワセミ記者は、園芸種の「ランタナ」がこんなところで野生化しているのかと思いましたよ。

そういえば、実になったムラサキシキブを見ることはあったけれど
花の姿で眺めることって 今までなかったから分からなかったのかもしれない・・。


4紫式部実.jpeg
ムラサキシキブの実(ネットから借用)




芦名堰に行きかかると いつものカメラおじさんが一人いて
「さっきまでカワセミがいたんだよ」と教えてくれました。

6カメラおじさん.jpg



堰はシーンとしていて 今は何もいないようです。

5芦名堰.jpg



登山道を歩き始めると 先月の植物観察会のときにはとても小さかったユキノシタの花が
すかり茎を広げて のびのびと花を咲かせていました。

7.jpg




植物観察会のときには どの枝にも白い花を見ることができていた
「ウツギ」の花はすっかり終わって クモの巣なんか張っちゃって
うらぶれた姿になっていました。


8ウツギ.jpg

ウツギ曰く
「うらぶれたんじゃないやい!
これから子孫を増やすために実になっているところで けっこう忙しいんだい!」


・・・・・といっているかなー?

9うつぎ2.jpg
花が終わって実になるところ


見上げた誰かの
「ひやぁ〜〜 危ない!」 の叫び声。

11ひゃー危ない.jpg

ちょっと危険。



先月 草むらで 愛らしい口びるみたいな花を見せていた
ナワシロイチゴが赤い実になっていました。

12ナワシロ.jpg
ナワシロイチゴの実



こちらは ↓ 先月撮った写真
DSCN9856.jpg
(5月に見た花)



冬の間 赤い実をたのしませてくれていたアオキは
花も終わり ただ緑の葉を茂らせているだけ・・・?

いやいや よーく見ると枝の間に小さい実をつけているのを
確認できました。

13aoki .jpg



植物たちは 休むことなく一年中 大忙しなんだね。



ずいぶん太ったキブシの実が ぎっちり房になって下がっていました。

14キブシ.jpg



足元には ホタルブクロが 日差しがもう少し夏めいてくるのを待つかのように
蕾を並べていました。

花を見れるのは数日後でしょうか。

15ほたるぶ.jpg


草を分け入ると服に じゃりじゃりしたのがくっついてきます。

ひっつき虫のヤブジラミ。

いや これはヤブジラミというのだそうです。
ヤブジラミと ヤブジラミがあるなんて・・・。

何が違うの?


17おヤブじらjpg.jpg
6月のオヤブジラミ

これも先月に比べると熟してきた感じです。


↓先月撮った写真
16おやブジ5月.jpg
(5月に見たオヤブジラミ)




ちなみに↓ ヤブジラミ。
18やぶじらみ.jpg
ヤブジラミ(ネットから借用)


実のつき方がちょっと違うみたい



スダジイの枝にも やがて実になるはずの小さな椎の実の赤ちゃんが付いていました。

19スダジイの実.jpg




ここにも赤ちゃんがいました。

20キリギリス.jpg



私は 茶色をしていたらキリギリスで
緑色のはウマオイなのかと思っていました。


図鑑で見たらキリギリスにも緑色のも茶色のもあるとのこと。


違いは 「鳴き声」だって〜〜?!
鳴かないと分からないってこと? まさかね!

ついでなので
鳴き声の違いを調べたら

キリギリス 「ギィッ〜チョン」
ウマオイ  「スィッチョン」
クツワムシ 「ガチャガチャ」
コオロギ  「リィリィリィリィ」
あと スズムシ・・・マツムシ・・・カネタタキ・・・
おぼえられないね!

今年の夏には これを手掛かりに
虫の鳴き声の聞き分けに努力してみます!




おや? これはチョウチョ?  ハチ?

21.jpg

色が鮮やかで おしゃれな虫!


調べてもどうにも名前も分からないので
横須賀市博物館の虫専門の学芸員の方に尋ねてみました。

いただいた答えは「カノコガ」。

日本に昔からいる在来種で 昼行性のガだそうです。


いろんなのがいるね。

来月 小学校の授業支援で大楠山の観察会が予定されていますが
こんなに鮮やかで 見栄えのする虫・・・
そのときに出て来てくれるといいけどなぁ・・・。

そうしたら さも ずっと前から知っていたようなもの知り顔で
「これは カノコガっていう在来種よ」  なぁ〜〜んて 言っちゃうんだけど・・。



中腹の展望の場所まで来ました。

クマのミズ.jpg


見下ろすと クマノミズキの白い花が目立ちました。



マテバシイの林は明るくなっていますが
ひこばえたちが 日を浴びてすくすくと育っていました。

ひこばえ2.jpg


荒地に一番乗りに伸びてくる・・というイヌザンショウも
その通りあちこちに伸びて まるで背比べをしているようでした。


イヌ山椒.jpg




日当たりの良い草むらにホタルブクロが咲いていました。

登山道入り口ではまだ蕾でしたが
ここのは日を浴びてふっくらとした花をつけていました。

ホタルブクロ.jpg




ちょっと先を歩いていたホオジロさんが 深々とお辞儀をしています。
誰に挨拶をしているんでしょう?

お辞儀.jpg


行ってみると足元の草の中に 白い花が・・・。


オオバじゃのヒゲ.jpg
オオバジャノヒゲの花


それとも こちら?

ほうちゃく.jpg
ホウチャクソウの実




道に大きな羽根が落ちていました。

トンビ? タカ?
「フクロウですね」とオオタカ氏。

フクロウ.jpg

調べてみましたら確かに! アオバズクの羽根として写っていたものとよく似ていました。

ちなみに フクロウの羽根って素晴らしく精巧なデザインなんだそうです。


夜 まったく音を立てずに飛ぶことができるのは
あの翼の構造にあるそうです。


研究者たちが研究に研究を重ねて その構造を真似て風力発電の羽根を改良したところ
大変な消音効果を得られたというからすごい!

news_160926.jpg
(ネットから借用)



自然の生き物たちの持っている生きるための合理的な構造ってすごいですね!
その構造に目をつけた研究者もすごい!



こちらもすごい!
幼虫の「偽の眼」というやつ。


aomushi.jpg

アオムシたちがつけている あの「眼」みたいな模様!

あれで 狙ってくる鳥を脅かす というから
これもすごいアイディア。

鳥たちは あの眼を見ると ヘビににらまれたと感違いするんだってさ。
本当かいな。鳥に聞いたのかさ?

今日出会ったこのアオムシはどうもモンキアゲハの幼虫らしい。




大楠山は 春の花の時期が終わって どの植物も みんな小さな実をつけ始めた季節なんですね。



イヌガヤ実.jpg
イヌガヤの実



ヤブにっけい.jpg
ヤブニッケイの実



イヌホウズキ.jpg
イヌホウズキの実



ウラシマソウ.jpg
ウラシマソウの実

などなど・・


夏を過ぎるともっと熟した実になるんですね。



今日は 頂上に近いところの5本ほどの杭を打ちなおしました。

名札.jpg

名札2.JPG

名札1.JPG

あちこちなくなっているところや傷んだものを取り替えて ちょっとすっきりしました。





山頂近くのマムシグサも花が終わって 青い実になっていました。

マムシグサ.jpg


昼食後のひと休み。

ムカシ虫少年 のおじさんたちの虫談義は なかなか終わりません。

虫談義.jpg



今日の帰り道は前田川方面を選びました。


途中の茂みに珍しいランの芽を見つけて健在ぶりを確認したり・・・。

ナギラン.jpg

ギンラン.jpg



初めて見ました!
脳みそみたいなノウタケ!

きのこ3.jpg



最後には 高い崖の岩の割れ目にオオルリの巣まで教えてもらい 
面白いものをいろいろ見ることのできた楽しいトレッキングでした。


オオルリ巣.JPG


IMG_9425.jpg



来月は何を見ることができるるか楽しみです。



かわせみ.jpg



posted by kogera at 10:23| Comment(0) | 大楠山トレッキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする