2019年11月23日

 11月の大楠山トレッキング

今朝は雲が広がっていて富士山も見えません。
肌寒い朝です。


DSCN8858.JPG

いつまでも夏が抜けきらないような陽気が続いていたので
大楠山の秋のようすは いかがなものでしょう?

秋らしい紅葉を期待して出かけました。



今日の大楠山トレッキングは参加者が13名です。

立ち寄った芦名堰は、人の影もなく寒々した感じでした。


芦名堰1.JPG


堰を囲う山を見上げると 色づいた葉の樹木が見えました。


堰の紅葉.JPG

ヤマハゼですね。
小さい房のようなハゼの実をいっぱいつけています。


登山道に入り しばらく進むと 真っ赤な葉が目を引きました。

コマユミ.JPG
(コマユミ)

枝全体の葉が紅葉していて とても綺麗です。

紅葉の美しさで知られるニシキギの仲間とのことですから
見事な紅葉を見せてくれるわけだ。



枝のところどころが赤くなっている木もありました。

これは5月頃に白い花をいっぱいつけていたマルバウツギ?

マルバウツギ.JPG
(マルバウツギ)
5月マルバ.jpg
(5月のトレッキングで撮影)

5月のトレッキングで撮った写真で確認してみました。
確かに同じ葉です!



谷側の茂みに伸びる山ハゼの葉が赤くなっていました。

やまはぜ.JPG
(ヤマハゼ)

去年に比べると葉の数が少なくて紅葉もあまり見栄えがしません。

恐らく 立て続けに到来した強風台風で
紅葉前にほとんどの葉が落ちてしまったのでしょう。



登山道の両側の 様々な樹木が秋らしい色になっていました。

黄葉.JPG



台風直撃の被害を受けて 大楠山の木々は枯れたり倒れたり・・。
大変な被害だったことを物語っています。


「あそこの枝が・・・」
「あ・・危ない!」


あそこが・・).JPG


手の届く高さの枝は 払ったりどかしたりしましたが
私たちのできることはほんのちょっと・・・。


倒木2.JPG

とうぼく1.jpg



ここにも真っ赤な葉を見つけました。

何の木が紅葉しているのかと思ったら
枝に絡まったツタでした。

ナツヅタ(ブドウ科).JPG
(ナツヅタ)

「キヅタ」っていうのかと思ったらエナガさん曰く
「これは『ナツヅタ』。キヅタは総称じゃないかな・・」だって。

それでは『フユヅタ』なんてのがあるんかい・・と思って調べましたら

ありました!

「フユヅタ」はウコギ科で常緑。紅葉しないとのこと。
そういえば木に絡まったツタで 冬でも緑色のがあるな。

ちなみに「ナツヅタ」はブドウ科だそうです。
だから紅葉するんだ。

ブドウ科.JPG

形がブドウの葉に似ています。



歩きながら上を見上げると ハゼノキの赤い色と まだ色づかない緑の葉が 
ブルーの空を背景に美しいコントラストを描いていました。

やまはぜ2.JPG




足許の茂みに 誰かが「コウヤボウキ」を見つけました。

コウヤボウキ1.JPG
(コウヤボウキ)

名前の由来は 高野山で この茎を束ねて箒にしていたからだそうです。

大昔からこの枝は箒の材料に使われていたらしく
正倉院のお宝の箒(?)の『子日目利箒(ねのひのめとぎのほうき)』も
これが材料ですって!

kodaihouki.jpeg
(ネットから借用)


正倉院の宝物に『箒』があるとは知りませんでした。



途中のマテバシイの林のところに来ました。

林の樹木はすっかり枯れて 現在は大変日当たりがよく明るくなっています。

枯れた林.JPG



枯れた落ち葉の間に「アキザキヤツシロラン」の花がらが確認できました。

2.JPG

うっかり踏んでしまいそうな小さな花の名残です。

アキザキヤツシロラン.JPG



登山道から見る秋谷方面の景色は 秋の色になってました。

展望.JPG


冬支度で枯れている樹木のなかに すっかり枯れ果てた
「ナラ枯れ」被害の樹木も多く確認できました。

展望2.JPG




冬でも暖かい大楠山は樹木が冬支度をしていても
いつまでも青々としている草が茂っています。

カラムシも花は終わりましたが まだみずみずしくて
元気そうです。

カラムシ.JPG
(カラムシ)


ハダカホウズキは 丸いクリクリした実をぶら下げていました。

ハダカホウズキ.JPG
(ハダカホウズキ)

実が赤くなるのはまだまだ先のようです。




道に真っ赤な葉が落ちていました。

エナガさんが「テイカカズラの葉ね」と教えてくれました。

テイカカズラ.JPG

「どこかに実がありそうだけど・・・」と言っています。

そして誰かが発見!

テイカズラの実は 面白い形をしていて とても綺麗です。

teika2.JPG

ふわふわした羽根で 種は風に飛んで運ばれていく仕組みです。

netから1.jpg
(枯れる前のようす:ネットから借用)


植物たちは種を運ぶ方法をあの手この手で頑張っているわけで・・・

kosendan.JPG

このコセンダングサは誰かにくっついて運んでもらおうというもの。



小さなピンクの花を見つけました。

kitunenomago.JPG
(キツネノマゴ)


真っ赤なカラスウリも見つけました。

karasuuri.JPG




オオハナワラビも ただいま盛んに胞子を撒き散らしているところです。

誰かがちょっと揺すったら 白い胞子がフワァ〜〜っと広がりました。

hanawarabi 1.JPG

hanawarabi 2.JPG
(オオハナワラビ)

ヤマノイモの黄色の葉っぱも鮮やかだし
キンミズヒキの紅色もひときわ目を引く色です。

yamanoimo .JPG
(ヤマノイモ)

金水引.JPG
(キンミズヒキ)



山頂の雨量計の門の近くに 嬉しいかな私の好きな 
赤いトウモロコシみたいなウラシマソウの実が 
ニョキニョキと残っていました。

ウラシマソウ.JPG

山頂の雨量計のところで昼食お弁当を広げました。


前田川への道は 昨晩降った雨の影響で滑りやすいかもしれないということで
来た道を戻り 芦名方面に下りました。

帰りの登山道で 青いツユクサがまだ咲き残っているのを見つけました。

ツユクサ.JPG

行きの道では 赤い葉や赤い実ばかりを気にしていて
この青いツユクサには気づきませんでした。



芦名堰では 朝には見かけなかったコガモが群で泳いでいました。


コガモ.JPG
(奥にいるのが♂ 手前が♀)


カモの姿を見ると やっぱりもう晩秋なんだな・・・と思わされます。

さて来月は何を見ることができるでしょう。

いろいろな紅葉を見つけた11月のトレッキングでした。


かわせみ.jpg




posted by kogera at 20:19| Comment(0) | 大楠山トレッキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月27日

サンセットツアーのお知らせ

この活動は多くの参加者を得て無事に終了しました。
ご参加ありがとうございました。


恒例の秋のサンセットツアーの情報です。

『西海岸の古代と中世を歩く』
今回のツアーは、浄楽寺で三浦氏の和田義盛の発願で造られた
運慶仏を拝顔して芦名城館跡を歩き、中世の頃の芦名を思い浮かべてみます。

芦名の浜では、近年発掘された「卜骨」から古代の人々の暮らしを垣間見たいと思います。
さらに、8世紀半ば頃に活用されていた窯跡(乗越遺跡)の話などを聞き、
最後に秋谷キラキラ公園の高台から美しい晩秋の日没を仰ぎ見る計画です。

三浦氏の館があった芦名城館跡に関しては、
郷土史に詳しい辻井善彌氏からお話を伺います。
芦名浜遺跡や乗越遺跡などに関しては、
発掘に立ち会われた考古学に詳しい宇内正城氏からお話を伺います。

皆さんのご参加をお待ちしています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『西海岸の古代と中世を歩く』


日時) 11月30日(土)  雨天12月1日(日)

時間)13:30 (13:00受付開始)

集合場所)京急バス「浄楽寺」バス停
     JR逗子駅まえA番バス利用   所要時間30分
     京急新逗子駅 @番バス利用 所要時間25分

コース)浄楽寺ー芦名城館跡ー上源の井戸ー芦名浜遺跡ー乗越遺跡ー秋谷キラキラ公園(解散)

用意)歩きやすい服装・飲み物・
     あれば冊子「ふらりおおくす横須賀西海岸)おおくすエコ発行冊子
                        (当日購買できます)

参加費)大人500円 小・中学生300円 [浄楽寺拝観料含む](会員割引あります)

募集)40名 応募者多数の場合は抽選

申込方法)11月15日までに往復葉書またはメールで
    @氏名(ふりがな) A郵便番号・住所 B電話番号 をご記入の上
    下記の「おおくすエコミュージアムの会」事務局名でお申込ください。
    複数で申し込まれる場合は参加者全員の @ A B をご記入ください。

講師) 辻井善彌氏 郷土史研究家
    宇内正城氏 日本考古学協会員 / 赤星直忠博士文化財資料館副館長
    ほか


詳細内容は以下のPDFチラシからご確認ください
  
 ↓

chirashi.pdf
posted by kogera at 09:05| Comment(2) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月24日

8月の大楠山トレッキング

今日も 朝から1日暑そうだなぁ。

空jpg


今日のトレッキングの参加者は8人です。


みんな集まったので さぁスタート
・・と思って、大楠山のほうを見ると 人家の裏山がこんな景色!



山枯れ.jpg

これは『ナラ枯れ』と言わる 害虫被害ですね。


私たちの会では、数年前から大楠山の山頂付近にこの被害を確認して危惧していたのですが、
とうとう麓の人家周辺の樹木にまで被害が広がってきてしまいましたねー。



原因は、カシノナガキクイムシが媒介するナラ菌による被害だとは、分かっているようですが、
その被害から樹木を守る方法はみつかっていないらしいです。


カシノナガキクイムシ.jpg
カシノナガキクイムシ(ネットから借用)


事前防御や害虫除去の手立てがわからないため、今の所、ただ手をこまねいて見ているだけ・・
実は日本中の樹木が枯れてしまうかもしれないほどの一大事らしいんですけれど・・。



そんな話をしながら歩き始めた今日の一行。

早速、誰かがカミキリムシを見つけて手にしています。

今日は、いつものムシ博士のN氏が不参加なので、名前が判明出来るでしょうか?

クワカミキリ.jpg


腹側は黄色い毛に覆われていてビロードみたいな感じで鈍く光っています。
背中の付け根のところには黒い点々模様があります。


手元の図鑑と照らし合わせて確認したところ、どうやら「クワカミキリ」ではないか・・・ 
というところに落ち着きました。


詳しく調べてみたら、昔からクワの木につく害虫とされているカミキリムシでした。

リンゴやイチジクの元気な樹木に寄生して葉っぱを食べ尽くしてしまうので
長野県では『重要害虫』の汚名をいただいているとのこと。

よかったね クワカミキリ君! 
ここだったら 害虫扱いされずに呑気に生きていられそうだね。



登山道に入る手前の道で、グリグリ毛深い花だか実だかを伸ばして
暑苦しい感じで生い茂っている草があります。

夏の今頃、道のあちこちでよく見かけますが・・・・。

「オニヤブマオ」とエナガさん。

おにやぶまおオ.jpg


ふ〜ん・・・オニヤブマオというのか。

この地域では、海岸近くの草むらでもよく見かけますね。

隣に並んでいるやつも みんな同じものかと思ったら、
言われてみれば葉がいくぶん細めで 花も少し細い。


ナガバヤブmao.jpg 

ナガバヤブマオというのだそうです。


エナガさんのご指導がなければ、なんの疑いもなく
「よく見かけるカラムシだな・・」くらいな感じで通り過ぎていましたよ。



ちなみにカラムシとヤブマオは 葉のつき方が
対生か互生か・・で違いが確認できると教えられました。

カラムシ.jpg
カラムシ


よく見たら・・・確かに!

ヤブマオは同じところに両方の葉が出て(対生)いますが
カラムシは交互に葉が伸びて(互生)いました。

(エナガさんは よく知っているなぁ・・・)






今日の芦名堰は何もいません。

芦名堰.jpg



堰から離れた登山道の入り口あたりで甘い匂いが漂っています。
何の花かな?

見上げるとクサギの木に白っぽい花が咲いていました。


クサギ.jpg


クサギといえば、鮮やかなピンクに青い実を付けた あの姿が印象的です。

kusagi Oct..jpg
2018/10/撮影


クサギの花が、こんなにか弱そうな淡いピンクの花を咲かせて、
しかも、うっとりするような甘い香りを漂わせるなんて初めて知りました。



やっと登山道に入ると、ヤブミョウガが白い花の名残と、早いものは黒い実になっていました。

やぶみょうが.jpg



夏の暑い陽射しが好きなクズが、伸び放題伸びて たくましく広がり、
赤い花を咲かせていました。

クズ.jpg



生い茂る葉の中に白い小さい花が見えました。
カラスウリかな?

近づいて見ると・・・確かに。

カラスウリ.jpg


糸を出したような怪しい姿で花を広げているところが見たかったなー・・。
冬には赤い実がつくかしら?




しばらく行った道の途中のクサギの木も、淡いピンクの花を咲かせて
周辺はいい香りが広がっていました。


くさぎ.jpg




さてさて スダジイはどうなったでしょうか?

さすがに秋に向けてすくすくと実を育てています。

すだじい.jpg


どういうわけか、実の数がとっても少ないのが残念至極。




登山道を進むほどに、ナラ枯れの被害が目についてびっくりします。


山の奥の方の樹木が枯れているのか、と思いきや
登山道の両側でその被害は始まっていました。

被害4.jpg


被害.jpg


被害3.jpg


被害6.jpg


このまま進んでいったら、大楠山の樹木はすっかり枯れ果ててしまうのではないか・・・・
と不安になるほどの被害状況です。


いつもの展望の場所まで来て、山を見渡してその状況を確認し、
唖然としてしまいました。

展望2.jpg


展望1.jpg



展望場所の後ろのマテバシイの林では、とうとうマテバシイが枯れてしまったので
一面がすっかり明るくなっていました。

日の当たるところに、真っ先に育っっているのは 
カラスザンショウ(?)イヌザンショウ(?)

マテバシイ林.jpg

どこを見てもなんだか悲しくなる今日の登山道の姿です。



と思った矢先、下を見たらこれは・・・・?

蛇.jpg

シマヘビのおチビかしら?


往来の激しい街中ならいざ知らず、なんでこんな山の中で車にひかれるかなぁ?
交通事情に疎い よほどの田舎者だな。


先月は「マムシ」に出会ったと聞きましたが
蛇が生息しているということは、良い自然環境が保持されている証しなんだそうです。

蛇がいるのは喜ぶべきことなんですね。



さて、紫陽花の原種と言われているタマアジサイが、毎年可愛い花を咲かせてくれていますが
今年はどうかな?

いました いました。

つぼみ.jpg


真ん丸いつぼみも可愛いけれど、咲かせた花もなかなか素朴で愛らしい。

アジサイ.jpg


知ってました?

アジサイは、(下の写真)指でつまんだ部分が花で、
白い花みたいなのは 実は 萼(ガク)なんだってこと。


アジサイの花.jpg


カワセミ記者は知らなくて さっきエナガさんに教えてもらったんですよ。




草むらの中でニガクサが小さいピンクの花を残して佇んでいました。


よく見ると 中に妙に大きいつぼみみたいなのを付けているのがいます。

ニガクサ花.jpg

ニガクサって こんなつぼみ だったかなぁ・・?
と思ってつまんで中を割ってみたら、中から小さな虫が出てきて びっくり。


ムシコブ.jpg


ムシコブのムシ.jpg


よそ様の家に入り込んだり、割り込んだりしながら、
みんな 一生懸命 たくましく生きていますね。




今日の大楠山は野鳥の鳴き声はあまり聞き取れなくて
聞こえるのはセミの声ばかりです。

抜け殻.jpg

みんみん.jpg


登山道を歩きながら、あちこちで蝉の抜け殻を見つけ
抜け殻からセミの種類を見分ける方法を教えてもらいました。

見分けjpg


あぶらぜみ.jpg
(アブラゼミ)

 ↑3番目の節の部分が太くて長いのは アブラゼミの抜け殻だそうです。

ミンミンゼミはだんだん細くなって
ヒグラシは4番目が太いんですって。



よく観察すると抜け殻にもいろいろな違いのあることが分かりました。


図鑑に合わせて並べてみたら標本みたいになりました。


蝉一覧.jpg

ミンミン.jpg
(ミンミンゼミ・ネットから借用)



オス・メスも見分けられるんですって!

♂♀の見分け方

オス.jpg
(♂ ネットから借用)

めす.jpg
(♀ ネットから借用)



中腹の日当たりの良いところに 見慣れぬツユクサが広がっている・・と
エナガさんの報告があったので みんなで確認してみました。


マルバツユクサ.jpg


ふむふむ・・・。

確かに、花は青いけれど小ぶりで、古来のツユクサより葉が丸くてシワがあります。



昔ながらのツユクサはこんなです ↓

ツユクサ.jpg



この 怪しいツユクサをよく調べてみたら、これは「マルバツユクサ」と
命名されていることが分かりました。

近年 外国から入ってきたもののようで 西日本一帯では外来種というより、
すでに帰化植物として許容されているものでした。


でも困り者の外来種のトキワツユクサと同じく
他の植物を飲み込んでしまうほどの繁殖力旺盛な植物らしいことも分かりました。

要注意植物ですね。



あぁ・・・困り者が あちらにも こちらにも・・・。


ナラ枯れの被害に始まり このような繁殖力の旺盛な植物が
古来からいる在来種を飲み込んでいってしまうなど
目の前の環境がどんどん変わっていくことに驚かされます。




山頂付近の草の中に 小さい手毬のような実が下がっていました。
シオデですね。


シオデ花.jpg



ちょっと薄暗い草むらに カラスウリの花を見つけました。

糸が くちゃくちゃしているけれど
昼間なのに、花を広げた姿に出会えたから 運が良かったことにしましょう!

からすうり.jpg



夏も盛りを過ぎると それぞれ秋の支度を始めている様子で
お盆過ぎの今頃まで花を咲かせている呑気な植物は少ないようで
今日は あまり花の姿を確認できません。



そんな中で 涼しそうに花を咲かせているのは センニンソウ。

センニンソウ.jpg




一行は雨量計の横の展望台に向かいましたが
カワセミ記者は一人で頑張って山頂の売店を目指しました。


トレッキングで毎月来ている大楠山ですが
売店のある山頂展望台の方までは なかなか足を伸ばさなかったので 
この階段を登るのはずいぶん久しぶりです。


階段.jpg


久しぶりにこの階段を歩き 階段の丸太がまだ腐らずに健在なのを確認できて
安心しました。


15年ほど前に、どういうわけか カワセミ記者は
この山頂階段周辺の 修復工事に関わるメンバーの一員に
加わっていたことがありました。


横須賀市の計画では、階段の全てを擬木で作るつもりで
既に工事案が作成されていたのですが、
その辺りのことを全く分かっていなかったカワセミ記者は
「やだ! やだ!
どうしても本当の丸太を使わなくちゃ イ・ ヤ ・ナンダー!!」
と駄々をこねたのでした。


役所や工事のおじさんたちは うるさくわがままを言い張る一人のために
百歩譲ってくれて 擬木は使わず 本物の丸太で階段を仕上げてくれたのでした。


それにしても・・・
この階段・・・こんなにキツかったかしら・・・
ハァハァ言いながら売店まで行きました。

そしてゲットした缶バッジ。

缶バッジ.jpg


バッジ.jpg


なかなか 可愛いじゃないか!



さて 昼食を済ませると雲行きも怪しく ひと雨きそうな空だったので
来た道を下りました。




帰りに芦名堰を覗いたら アオサギが一羽
午後のひとときを のんびりと過ごしていました。


アオサギ君.jpg


毎回、何に出会うかわからないトレッキングです。

次回は何に出会えるでしょう?



かわせみ.jpg
posted by kogera at 16:56| Comment(0) | 観察会や活動の報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする